埼玉新聞ロゴ

埼玉県公立高校入試問題予想

2017.1.16

国語@

問題文のPDF

解答・解説のPDF

 次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。

A級に出ると決めたことよりも、A級に出るということをまるで武器であるかのように振りかざしたことに後悔があった。もっと大事に、一人できちんと考えて、きちんと決めたかったのに。
ノックの音がする。のろのろと体を起こしてドアを開けると祖父が立っていた。
「将棋やらないか。A級に挑戦するんだし、一局でも多くやった方がいいだろう」。
「………今日はいいよ。そんな気にならないから」。
「なんでだ。お父さんをギャフンと言わせてやりたいと思わないのか」。
「………そういう風な気持ちではやりたくないよ」。
「そういう心根の正しさはお前のいいところだが、ナニクソと思う気持ちも時には力になるんだぞ。あいつはどうもお前の力を過小評価してる。歩だと侮ってるんだ。私はそれが悔しくてならない。お前は悔しくないか? 自分は金だと証明したくないか?
祖父の手が両肩にかかる。その体温と重さが妙に生々しく、絡みつくようで、歩は咄嗟に振り払った。祖父は振り払われた腕をだらんと垂らして、ただただびっくりしている。
「………そういうのも、ちょっと苦しいんだ」。
自分でも心が冷えるほど冷たい声が出た。
「勝手に否定されるのも嫌だけど、勝手に期待されるのもしんどいよ。おじいちゃんは僕の味方になっていつも励ましてくれるけど、時々、僕じゃなくて、おじいちゃんの中の理想の僕に話してるんじゃないかって思う時がある。歩から金になれって言われるたびに、今の自分はダメだって言われてる気になる」。
まるで体に害のあるものを飲み込んだ時の吐しゃ物のように、言葉が口からとめどなく流れ出す。
(小山田桐子『将棋ボーイズ』より)

問 自分は金だと証明したくないか?。とありますが、この言葉を歩はどのように感じているかを次のようにまとめました。空欄に当てはまる内容を、二十字以上、三十字以内で書きなさい。

(H27年度 埼玉県公立高校入試 問4)

・祖父は、歩には、将棋の実力が十分にあると励ましているのだが、歩は、(  )と感じている。

解説

スクール21(株式会社エジュテックジャパン)

小学部・中学部を中心とした学習塾。県立難関校の合格データを蓄積した指導には定評がある。

本部:さいたま市中央区上落合1−9−2