埼玉新聞ロゴ

埼玉県公立高校入試問題予想

2017.1.17

理科@

問題文のPDF

解答・解説のPDF

地震の性質について調べるため、次のような資料収集を行いました。問 1 〜問 4 に答えなさい。

資料1

@ 図1は、地震計のしくみを示したものである。地面の左右のゆれは、一定の速さで回転する記録紙に記録される

資料2

A 図2は、マグニチュード5.0 の地震のゆれを記録した地震計の記録であり、図3はその地震を伝える2つの波のようすをグラフで表したものである。

図1
図2
図3

資料3

B 図4は、緊急地震速報のしくみを表している。緊急地震速報は、P波によるゆれを震源に近い地震計で感知し、S波の到着時刻や震度を予測し、すばやく知らせる予報・警報である。これにより、S波によるゆれに備えることができる

図4

問1 @で、図1の地震計について、地震で地面がゆれたとき、地震計にゆれが記録されるしくみを説明している文として最も適切なものを、ア〜エの中から一つ選び、その記号を書きなさい。

 左右に動くのは記録紙で、地面のゆれと同じ向きに記録される。

 左右に動くのは記録紙で、地面のゆれと逆向きに記録される。

 左右に動くのはおもりとペンで、地面のゆれと同じ向きに記録される。

 左右に動くのはおもりとペンで、地面のゆれと逆向きに記録される。

問2 Aで図2のaの時刻は12 時24 分48 秒、bの時刻は12 時25 分3秒でした。この地震計の震源からの距離は何qですか。図3を利用して求めなさい。

問3 Aの地震と同じ震源で、マグニチュード7.0 の地震が発生した場合、図2の地震計で記録される結果はどのようになりますか。最も適切なものを、ア〜エの中から一つ選び、その記号を書きなさい。

 初期微動継続時間が短くなり、地震のゆれの程度は変わらない。

 初期微動継続時間が長くなり、地震のゆれの程度は変わらない。

 初期微動継続時間は変わらず、地震のゆれの程度は大きくなる。

 初期微動継続時間は変わらず、地震のゆれの程度は小さくなる。

問4 Bで、Aで観測した地震では緊急地震速報がテレビで流れました。最初にゆれを感知した地震計は、震源からの距離が10.5qのところに設置されたものでした。また、その地震計が最初にゆれを感知してから速報がテレビで流れるまでに5秒かかりました。このとき、S波の到着前に緊急地震速報が流れた場所は震源からの距離が何qより遠い場所ですか。小数第2 位を四捨五入して、小数第1 位まで求めなさい。また、考え方や計算の過程も書きなさい。

解説

スクール21(株式会社エジュテックジャパン)

小学部・中学部を中心とした学習塾。県立難関校の合格データを蓄積した指導には定評がある。

本部:さいたま市中央区上落合1−9−2