埼玉新聞ロゴ

埼玉県公立高校入試問題予想

2018.1.24掲載用

社会(1)

 新聞紙面で,地理の重要ポイントをお伝えしたが,練習問題を使って問題を解いていくことにしよう。特に文章記述問題は,解法の3ステップを使って,実際に書いてみよう。

<問題1>東京都 H27年度 大問2 問1(一部改題)

 下の略地図中@Cは,2015年の日本における鉄鉱石の輸入量が多い上位6か国のうち4か国の主要都市である,リオデジャネイロ,モントリオール,シドニー,ムンバイの位置をそれぞれ示したものである。次の(1)(2)の問いに答えなさい。

略地図

Placeholder image

(1) 三大洋のうち,@Cのそれぞれの都市が属している大陸が共通して面している海洋の名称を書きなさい。

(2) 下ののグラフは,@Cのいずれかの都市の年平均気温と年降水量及び各月の平均気温と降水量を示したものである。このうち,冷帯に属するモントリオールの気温と降水量を示すものを,の中から1つ選び,その記号を書きなさい。また,選んだグラフから,冷帯の気温の特色について書きなさい。

年平均気温18.2 ℃
年降水量1032.5 mm

年平均気温27.7 ℃
年降水量2181.9 mm

年平均気温6.5 ℃
年降水量957.9 mm

年平均気温23.9 ℃
年降水量1222.6 mm

<問題2>東京都 H27年度 大問2 問2(一部改題)

 次の表のは,2015年における日本の鉄鋼輸出額の上位4か国である大韓民国,中華人民共和国,タイ,アメリカ合衆国のいずれかの国の,1985年と2015年における化学繊維生産量,自動車生産台数,鉄鋼生産量,日本の輸入額の上位3位の品目を示したものである。次の(1)(2)の問いに答えなさい。

化学繊維生産量
(千t)
自動車生産台数
(千台)
鋼鉄生産量
(千t)
日本の輸入額の上位3位の品目
(左から1位、2位、3位)
1985年 825 378 13539 衣類,魚介類,石油製品
2015年 1736 4556 58914 機械類,鉄鋼,石油製品
1985年 3117 11649 80067 機械類,とうもろこし,航空機
2015年 1983 12106 80495 機械類,航空機類、医薬品
1985年 111 82 447 天然ゴム,魚介類,すず地金
2015年 1007 1645 3718 機械類,肉類,魚介類
1985年 955 443 46794 原油,石油製品,衣類
2015年 44602 24567 638743 機械類,衣類,金属製品

(「日本国勢図会」2017/18年版などより作成)

(1) 大韓民国に当てはまるものを,表のの中から1つ選び,その記号を書きなさい。

(2) の国について,1985年から2015年にかけて産業が変化したことがわかる。からどのように変化したことがわかるか,日本の輸入額の上位の品目にもふれて書きなさい。

<問題3> 東京都 H27年度 大問3 問2(一部改題)

 下の表Tア〜エは,略地図中にで示した新潟市,浜松市,岡山市,福岡市の,2014年における人口,製造業事業所数,製造業事業所数のうち食料品製造業事業所数及び輸送用機械器具製造業事業所数,耕地面積,耕地面積のうち田耕地面積及び畑耕地面積を示したものである。また,表Uの文章は,A〜Dのいずれかの都市についてまとめたものである。次の(1)(2)の問いに答えなさい。

略地図

(1) 表Uの文章で述べている都市に当てはまるのは,表Tア〜エのうちのどれか。ア〜エの中から1つ選び,その記号を書きなさい。

(2) 表Tの都市を比べ,表Tからわかる,それらの都市の産業の違いについて書きなさい。

表T

人口
(千人)
製造業事業所数 耕地面積(ha)
食料品製造業
事業所数
輸送用機械器具
製造業事業所数
田耕地面積(ha) 畑耕地面積(ha)
1519 793 242 14 1860 1550 310
719 813 100 35 13500 11900 1560
798 2104 148 429 12500 2590 9890
810 1079 218 60 33000 28400 4610
(注) 統計上の処理のため,田耕地面積と畑耕地面積の合計は耕地面積と一致しないことがある。 (2015年工業統計表などより作成)

表U

○我が国で最も長い河川の下流部に位置し,米の単作地帯として発達してきた。2014年には耕地面積の8割以上で稲作が行われているが,大根やキャベツなど野菜の生産も見られる。

○物流の中心地であり,2014年にはこの都市や周辺地域で生産された農産物などを加工する食料品製造業事業所数は200を超えており,煎餅などの米菓も生産されている。