大同生命 埼玉南支社

両立を実践!限られた時間内でバリバリ働く

定時帰宅で子育てとPTA活動も

「次の世代にもしっかり引き継ぎたい」と話す瀧川美幸さん

大同生命の埼玉南支社で、営業職として勤続15年の瀧川美幸さん。川口市と草加市の中小企業を主な顧客とする生命保険の営業と、育成主任としての新人社員の指導も受け持ち、優秀社員として海外研修にも行くという。

瀧川さんは「基本的に仕事は午前9時から午後5時まで。残業せずに帰宅し、毎晩夕食も作っていたので夫はパートの仕事だと思ったらしい」と話す。「入社した当時は中学生だった上の子のクラブ活動の役員もしていた。夫は私が正社員としてバリバリ働いているとは考えられなかったようです」と振り返る。

子育て中の女性も積極採用

オフィスで打ち合わせをする瀧川美幸さん(写真左)

瀧川さんが大同生命に入った時、子どもは中学2年生と小学4年生で学校行事など親の出番も多い時期だった。「子どもの都合やPTA活動を念頭に仕事の予定を組んだ。限られた時間でしっかり仕事をすれば、正社員として充分に働ける」と話す瀧川さん。

埼玉南支社の営業職員46人は全員女性で「顧客は中小企業の社長様。社会経験や人生経験が豊富な人の方が話も弾みやすく、信頼も得られやすい。子育て中でも大歓迎の社風で長く勤務し、子育てが一段落してからさらに活躍できます」と瀧川さん。65歳定年後に嘱託職員として75歳まで働き続ける人もいるという。

やりがい、指針を後輩に

「保険は目に見えないので営業は大変。さまざまな資格を取るため日々、勉強も欠かせません」と苦労も語る。顧客のサポートを通して多くの人と知り合い、会社や法人会など団体の勉強会に誘われることもあるという。「社長様とその会社を保険を通して守ることが私の任務。もう辞められません」と、笑顔でやりがいを語る瀧川さん。

子育ても一段落し、自分の時間が増えた分、勉強してさらにレベルアップを目指している。「お客さまの役に立ちたいし、次の世代にもしっかり引き継いでいきたい。自分も生き生きと輝く女性社長や仕事仲間からたくさん教わってきた。後輩に指針を少しでも示せれば」と、穏やかな笑顔できっぱりと語った。

会社概要

会社名 大同生命保険株式会社
所在地 川口市本町4−1−8 川口センタービル5階(埼玉南支社)
電話 048−224−9412(埼玉南支社)
創業 1947年(相互会社の法人設立年)
資本金 1100億円
代表者 工藤 稔
事業内容 生命保険業など
従業員数 54人(男性8人・女性46人、埼玉南支社)