株式会社フジミック埼玉

制度運用で女性活躍支援

SE一筋のキャリアから新しい挑戦

「より働きやすい環境づくりをしていきたい」と話す三科さん

フジミック埼玉総務部エキスパートの三科順子さんは入社21年目。大学卒業後に男女の区別なく活躍できると、IT企業にSEとして就職したが、結婚を機に退職。2人の子どもが2歳と6歳になり、フジミック埼玉に再就職し、子育てと仕事の両立を続けてきた。

6年前、総務部に異動。3人体制のうち一人が産休に入るため起用された。「わたしがお世話になった分、今度は社員に還元できれば」という思いは強い。今は社員一人、パート一人で事務をこなしている。SE一筋できた三科さんの新しい挑戦だった。

制度の運用で、女性の活躍支援

フジミック埼玉のオフィス

同社は2012年に県の「多様な働き方実践企業」のプラチナ認定を取得。女性9人の既婚者のうち6人が育児休業を取得後、全員復帰した。女性の活躍支援のための制度を充実させ、規則以上の運用をすることもある。子どもが3歳になるまで、最大1日1時間半までの時短勤務を、延長を認めて4人が利用した。個人の事情を考慮した対応で職場復帰を支援している。

全社員が一堂に会する年3回の全体会議のほか、駅伝や花見、バーベキューなど、家族連れで参加するイベントも多い。子ども同士が友達になり、家族ぐるみの付き合いに発展している。定着率はよく、入社後3年以内の退職人数はゼロという。

積極的な女性採用

三科さんは「積極的に女性社員の採用を行っていきたい」と力を込める。昨年、一昨年と採用人数の半数が女性の年が続き「女性がいると職場の雰囲気が明るくなり、仕事の活性化に繋がっている」と話す。

同社では新入社員を先輩社員が教育係として指導するOJT制度を採用、先輩社員の週報から「後輩に質問をされたときにちゃんと教えられるよう、自発的に勉強をしています」と、頼もしい報告が上がってくることも。「社員は皆、定年まで一緒に働きたいという気持ちが強い。そのためにも、より働きやすい環境作りをしていきたい」と柔らかい笑顔で語った。

会社概要

会社名 株式会社フジミック埼玉
所在地 さいたま市大宮区桜木町4−252 ユニオンビル2階
電話 048−647−9200
創業 1990年
資本金 2000万円
代表者 熊埜御堂 正剛
事業内容 情報処理サービス業
従業員数 72人(男性57人・女性15人)