平岩建設株式会社

活躍の場整え、現場に会社初の女性監督

父母は建設業の大先輩

ヘルメット、安全帯を確認し、現場へ向かう平野さん

所沢市の平岩建設で建築工事部に所属する平野惠麻さんは優しそうな目をした女性。日中、建築現場で作業服姿で働いて、職人さんから「監督さん!」と呼ばれているとはとても見えない。父母も建設業界で働き、建築現場は子どもの頃から身近だった。工業高校の建築科から進学、大学で建築デザインを専攻し、平岩建設に入社した。現場監督を行う建築工事部の施工管理の仕事にも、迷いはなかった。

現場に女性専用トイレと更衣室設置

本社でデスクワーク中

入社して2か所目となる所沢市総合福祉センターの現場では、所長を含む現場監督6人で作業員40人の作業工程を管理する。現場の女性監督は平野さん1人だ。朝、現場事務所に出勤すると専用の更衣室で作業服に着替え、事務所の掃除を行う。ヘルメットと安全帯を着装するとキリっと引き締まり、工事指示、安全管理、日程管理等の施工管理業務に取り掛かる。

所長が専用トイレと更衣室を設置してくれたことに感謝している。夏、現場は暑い。朝しっかり日焼け止めクリームを塗っても汗で流れ落ちてしまうので、昼休みに更衣室に飛び込んで塗り直す。「それでもヘルメットのあご紐の跡は残ります。女性として困るのはそれだけ」と笑う。

将来の女性所長も視野に

採用担当の伊藤健事務長は「現場を監督する女性は平野さんが初めて。まずは工期にゆとりのある、大きめの現場でしっかりと実務経験を積んでもらいたい。将来的には様々なタイプの建築物の現場を経験し一級建築施工管理技士の資格を取って、所長として活躍してもらいたいと考えている」と期待は大きい。育児休業制度もあるし、能力次第で昇進昇給できる人事制度もある。女性活躍の舞台は整っている。

建設業に興味を持つ理系女子には「きつい、汚い、危険と言われるが、現場には力が無くてもできる仕事はたくさんある。ルールを守れば危険性もない」と、建設業への女性進出を勧めている。

会社概要

会社名 平岩建設株式会社
所在地 所沢市南住吉8−19
電話 04−2923−2221
創業 1946年
資本金 2億638万円
代表者 平岩敏和
事業内容 総合建設業(建築・土木一式)
従業員数 94人(男性83人・女性11人)