株式会社北辰電気工事

女性の電気工事士、一筋に

家族の協力得て、仕事を継続

体が小さいから作業がしやすい所もあると話す中野千加子さん

蓮田市の北辰電気工事の電気工事士、中野千加子さんは勤続21年、入社以来電工一筋で働いてきた。

入社時は末っ子の娘がまだ3歳だった。休みは仕事の工程に左右され、職人主義の色も強かった当時は、休暇などの制度が整っていても実際に取得や利用するのは難しかったという。

「公立の保育園に入れるまで半年間、無認可の保育園に子どもを預けて働いた。市役所の窓口で手続きした時に驚かれた。その頃ではまだ珍しかったんですかね」と、当時を振り返る。

末っ子の子育てに大きな力となったのは当時16歳と14歳だった2人の子どもたち。「子どもたちが協力してくれたから、仕事も頑張れました」と、家族に感謝する。

現場で女性の強みを活かす

脚立に乗って天井の配線作業をする中野さん

男性が多い現場だが、女性だから不利だと思ったことはないという。「高い場所も脚立を使えば届くし、男性より体が小さい分、床下の作業がしやすい」。同じ女性の立場から提案ができるのも強みだ。電気図面が読めないお客様には「この場所にコンセントとスイッチがあります。炊飯器や冷蔵庫を置くつもりでご覧ください」と、一言添える。女性ならではの細やかな気遣いが喜ばれるという。

在宅勤務制度も視野に女性活躍支援

「女性の適応能力はすごい。全くやったことがない仕事でも、10習ったら100できるようになる」と、山田清志社長。「私は北海道の農家の出で、子どもが産まれれば働きながら育てる、という風土で育った。女性支援は当たり前」という。フレックスタイムの導入や、出社時間を8時半か9時半で選択できるようにするなど、フレキシブルな勤務体制を整えた。

本社では4人の女性社員全員が育児休業を取得後、復帰し働き続けている。誰かが長期に休むときは、他の社員が仕事をサポートする。山田社長は「今後の課題は在宅勤務の導入」と話し、女性活躍支援にさらに取り組む考えだ。

会社概要

会社名 株式会社北辰電気工事
所在地 蓮田市閏戸2024−9
電話 048−769−5133
創業 1985年
資本金 1000万円
代表者 山田清志
事業内容 電気工事業
従業員数 11人(男性6人・女性5人)