社会福祉法人隼人会まきば園

経験ゼロからチャレンジ

子育てひと段落し、経験ゼロで応募

「仕事は体力との勝負」と話す辰巳祐子さん

ピンク色の外壁と開放感ある造りの建物からアロハシャツにチノパン姿、あふれんばかりの笑顔で出迎えてくれたのはまきば園の辰巳祐子さん。入社8年目の介護支援専門員(ケアマネジャー)だ。

男の子3人の子育てが一段落し、もう一度社会復帰をと応募した当時は、高齢者介護の経験はゼロ。同僚や上司は年下ばかりの職場となるが「人間が好き」という人柄で採用となった。

難関突破し、ケアマネ資格取得

上司とミーティングをする辰巳祐子さん(左)=行田市白川戸の「まきば園」

月平均5回の夜勤やデイサービスでの入浴介助は「体力との勝負続きだった」と振り返る。ショートステイの現場を3年経験し、介護福祉士の資格を取った。さらに2年間の経験を積み、ケアマネジャーの資格を得るため介護支援専門員実務研修受講試験にチャレンジし、合格率約20%という難関を突破した。

まきば園サービス相談室相談員の根岸桃子さんは「キャリアを積んで欲しい、長く勤めて欲しいという園長の想いもあって、年に1度面談をし、現場の職員の声を聞いて対応している」と話す。「お客様に満足いただけるサービスを提供するため、毎月のケース検討会や海外研修など、社会情勢を知る機会も設けている。性別や年齢は関係ない。定年は65才だが再雇用は99才まで」と話す。

産休・育休後の復職率100%の職場

一般に離職率がいと言われる介護業界にあって、同園では産休、育休後の復職率は100%の実績だ。「おかえりなさい、と言える職場の雰囲気づくりを心掛けています」と根岸さん。職場結婚で10組のカップルも誕生、夫婦で勤めている例も少なくない。

辰巳さんの上司、本橋隆行さんは「優しい性格だけに辰巳さんはお客様に感情移入しやすい。その点を違う角度から視野を広げて見られればいいですね」と、アドバイスを送る。

辰巳さんは6歳年上の夫を「ハードな仕事の良き理解者。疲れて帰宅すると温かい料理で迎えてくれる」と感謝した。

会社概要

会社名 社会福祉法人隼人会まきば園
所在地 行田市白川戸275
電話 048−555−2202
創業 1994年
資本金
代表者 根岸仁司
事業内容 特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービスほか
従業員数 150人(男性40人・女性110人)