株式会社日東テクノブレーン

制度を活用する社風

女性活躍推進の社風でキャリア継続

「制度を利用しやすい社風があって、続けられた」と話す古澤真由美さん

日東テクノブレーン総務部係長の古澤真由美さんは入社13年目。古澤さんには前の職場で、第1子出産による育児休業取得後、復帰が出来なかった経験がある。「育児休業から職場復帰するときに、退職を促されてしまったんです。その会社では私が初めての育児休業取得者でした」日東テクノブレーンで派遣社員として働いていた縁で、退職者が出た際に正社員として入社、その後は子育てとキャリアを継続し2人目も出産、現在、夫と中2、小4の娘2人の4人家族だ。

制度の充実と利用しやすい社風

本社総務部のオフィス

入社した当時から、女性の活躍を支援する社風があると感じた。「制度を利用しやすく、制度にないことも上司と相談し対応してもらえるケースもあり、働き続けることが出来る」と話す。

古澤さん自身も許可を得て車通勤していた時期がある。子どもが幼い頃は病院や雨の日の保育園の送迎など、自宅に一度戻る時間も含めて仕事を休まなければならない。業務にも支障がでることもあり、上司に相談した。稟議書の対応で両立ができたという。

育児休業は最大で子どもの年齢が1歳半になるまで、時短勤務は子どもが小学校6年生まで1日最大1時間まで適用できる。社内では今、2人の女性社員が育児休業取得中だ(2016年3月現在)。

家族の協力、資格取得の支援制度も充実

残業や休日出勤をする日もあるが、「夫が協力して子どもの面倒を見てくれる。料理も洗濯も好きで、子どものお弁当を作るの時は私より手が込んでいて美味しそうなんです。しっかり者のお姉ちゃんも妹の面倒をみてくれます。家族みんなが協力的だから、仕事にも集中できます」と笑顔で話す古澤さん。

同社では資格取得のための支援も充実している。「合格手当の支給や賞与に反映するポイントにもなる。2015年度はエコ検定が人気でした。資格取得は男女の区別なく評価、取得推進で社員のスキルアップにもなると、社でも力を入れています」と話した。

会社概要

会社名 株式会社日東テクノブレーン
所在地 所沢市西所沢1−14−14
電話 04−2922−5359
創業 1974年
資本金 2000万円
代表取締役 鈴木立
事業内容 人材派遣、データ処理、ソフトウェア開発
従業員数 239人(男性112人・女性127人)