西武ハイヤー株式会社

時間を有効活用し家庭と両立

細やかな気遣いや丁寧な運転が好評

「車の運転は前から好きで、嫌だとおもったことはない」と話す坪井靖子さん

女性乗務員を16年前から採用している所沢市の西武ハイヤー。県南西部と東京都多摩地区を中心にタクシーやハイヤー事業を展開。現在、20人の女性乗務員が活躍している。入社1年目の坪井靖子(せいこ)さんもその一人だ。

坪井さんは「以前から好きだった車の運転をしたい」と、子どもの高校卒業を機に医療系の事務職から転身。入社時に第2種免許を取得し、ハイヤーとして日々県内外を走り回っている。

時間の融通が利く仕事

「同じ営業所に女性がいるので心強い」と話す坪井さん

1日置きの18時間勤務。最初は戸惑いもあったが、数週間で体が慣れたという。今では3時間の休憩を活用して自宅の洗濯物を取り込んだり、朝の出勤を1時間遅らせて母をデイサービスに送ったりしている。

「今までこの仕事を嫌だなと思ったことはないですね」。自宅が本社と同じ所沢市内のため、地元を走っていると近所の人に会うことがあり、「手を振ってくれたりして楽しい」と声を弾ませる。時には終電間際に女性客を乗せることも。「『運転手が女性でほっとした』という声も多く聞く」と話し、女性運転手の必要性を実感している。

制度浸透させ女性の活躍に期待

「どのルートを通ればいい」、「今日はこんなことがあってね」。洗車をしながら仕事で分からないことを聞いたり、世間話で盛り上がったり。男性が多い職場に転身する際には不安もあったが、「同じ営業所に女性がいると心強いし、何でも気軽に聞ける」と坪井さん。「これからも無事故で、降りるときに『ありがとう』と言ってもらえるような接客を心掛けたい」と思っている。

同営業所の管理部総務人事担当部長の佐藤昌彦さんは、女性ならではの細やかな気配りや丁寧な運転がもたらす相乗効果を指摘する。「お客さんに満足していただけるだけでなく、男性社員も丁寧さを見習うようになった」。現在、同社の女性社員は事務員、乗務員合わせて約60人だが、「今後は100人を目指し、女性が長く働き続けられるよう、育休産休の取得を推進していきたい」と話している。

会社概要

会社名 西武ハイヤー株式会社
所在地 所沢市久米546−1
電話 04−2997−9111
創業 1967年
資本金 3000万円
代表者 鈴井博文
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業、車両管理請負業
従業員数 960人(男性900人・女性60人)