たつみ印刷株式会社

地元企業に就職、インクの匂いと心地よさ

仕事にやりがいを感じ、勤続24年

管理課デスクで仕事に励む堀越久美子さん

深谷生まれの深谷育ち。生粋の深谷っ子の堀越久美子さんは、たつみ印刷旧本社の近所で育ち、子どもの頃から同社の敷地内で夏にはラジオ体操や祭を楽しんだりしたという。

新刊本のインクの匂いが好きで、就職するなら地元企業にと迷いなく同社に入社して24年。2016年10月に管理課係長となり、部下7人をまとめている。新道行社長は「彼女が働き続けている姿そのものが、女性社員の勤続モデル。子育てをしながら仕事との両立は苦労も多いはずだが、周りへの心配りや面倒見が良いと評判です」と話す。県の多様な働き方実践企業認定制度でゴールド取得の同社は、法を上回る看護休暇や介護休暇、妻の出産時の特別休暇など、男性社員の子育て支援も積極的に行っている。

職場や家族に支えられ、仕事と家庭を両立

新(あらた)社長(写真右)とインタビューに答える堀越久美子さん(同左)

「仕事のやりがいは何といってもお客様の満足した笑顔を見ること。外注先と交渉しながら工程管理をし、納期通りに良い製品を納める。毎朝のミーティングで身が引き締まります」と話す堀越さん。

2人の娘を持つ母でもある堀越さんは産休・育休を2度取得するなど、会社の両立支援制度をフルに利用した。復帰後、子どもの病気で急な休みを取らざるを得ないこともしばしばあったという。「仕事は好きだが周りに負担をかけるのが心苦しく、退職を考えた時期もありました。先輩や後輩がフォローをしてくれ、配置換えも無く会社も考慮してくれた」と感謝する。

プライベート充実、定年まで働く意欲

定年まで働きたいという堀越さんを同い年の夫が支えている。食べることが好きで、料理好きな堀越さんは「共働きだからこそ分担し、夕食の後片付けは夫担当と家事は半分ずつ。夫の協力があってこそ子育ても仕事も両立できています」と話す。

休日は2人でガーデニングを楽しむことも。「ストレス解消法は友人と行くアイドルグループのコンサート」と、乙女な一面も見せた。

会社概要

会社名 たつみ印刷株式会社
所在地 埼玉県深谷市上敷免28−2
電話 048−573−2711
創業 1951年
資本金 5600万円
代表者 新 道行
事業内容 印刷全般、デザイン、製本加工など
従業員数 120人(男性82人・女性38人、パート含む)