クリッピングと記事のコピー

記事コピーの配布(クリッピング)について

官公庁や会社などで、情報共有する目的で、日常業務として継続的に記事を複写(コピー)して庁舎内や社内に配布すること(クリッピング)を実施する場合は、埼玉新聞社の許諾が必要です。

記事の本数や配布部数により所定の料金がかかります。

下記から見積依頼書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXもしくは郵送で担当部署にお送りください。お見積書をお送りします。

※学校で利用する場合

学校など教育機関では記事・写真を必要最小限度の範囲で許諾なく複製できる場合があります。日本新聞協会の「NIE教育に新聞を」サイトをご参照ください。「許諾を得ずに複製が認められる場合」に該当しない場合、上と同様、当社の許諾が必要です。

見積依頼書(PDF)

新聞著作権協議会=クリッピングサービスとは(外部リンク)

埼玉新聞社コミュニケーション事業本部
〒331-8686さいたま市北区吉野町2−282−3
電 話:048−795−9934
FAX:048−662−6612

新聞記事・写真のコピーについて

新聞記事をコピーして、会議資料用などとして使う場合も、当社の許諾が必要です。

組織内における単発の「小部数(1回20部以内)の頒布を目的としないコピー」については、日本複写権センターに権利行使を委託しています。同センター(http://www.jrrc.or.jp/)との契約の上、ご利用ください。単発でも21部以上のコピーについては、当社の許諾が必要ですので必ず事前のお手続きをしてください。

日常的に新聞記事をチェックし、組織内で業務として継続的にコピーを配布することは前記「クリッピング」に該当します。所定のお手続きを取るようお願いします。