埼玉新聞の歩み

 1944年(昭和19)  社団法人 埼玉新聞社発足
 1955年(昭和30)  株式会社 埼玉新聞社設立
 1956年(昭和31)  熊谷総局開設
 1958年(昭和33)  埼玉文化賞を制定
 1960年(昭和35)   第1回埼玉県産業文化展開催
 1966年(昭和41)  「月曜放談」欄新設
 1967年(昭和42)  本社新社屋落成
 1969年(昭和44)  財団法人埼玉新聞社会福祉事業団発足
埼玉文学賞制定
 1972年(昭和47)  本紙10,000号
 1974年(昭和49)  創刊30周年で「景勝30選」展開催
 1975年(昭和50)  「埼玉大事典」全5巻刊行
 1977年(昭和52)   コラム「さきたま抄」新設
 1979年(昭和54)  第1回豊かな埼玉をつくる県民の集いを開催
第1回埼玉県アマチュアゴルフ選手権大会
 1981年(昭和56)  本紙CTS全面移行
第1回秩父マラソン大会
 1983年(昭和58)   本紙オフセット輪転機に全面移行
 1984年(昭和59)  創刊40周年で「景勝40選」展
 1986年(昭和61)  大相撲浦和場所を主催
 1987年(昭和62)   第1回就職ガイドキャンペーン
 1988年(昭和63)  県西総局開設
 1990年(平成2)  第1回埼玉県ピアノコンクール実施
 1991年(平成3)   県東総局開設
 1993年(平成5)  記者ワープロ通信システム始動
新都心整備と政令指定都市キャンペーン実施
 1994年(平成6)  創刊50周年で社史を編さん、記念式典を挙行
新輪転機始動
 1997年(平成9)  ホームページ開設、記事の掲載を始める
 2000年(平成12) 紙齢20000号
「21世紀に残したい埼玉ふるさと自慢100選」を実施
携帯電話・iモードに情報発信
 2001年(平成13) 社員220人。資本金6000万円
 2003年(平成15) 資本金3億円に増資
 2004年(平成16) 創刊60周年で翌年2月に「大椿絵展」開催
 2005年(平成17) 新紙面制作システム始動
 2007年(平成19) グループ会社2社(埼新印刷(株)、埼新サービス(株))を合併
 2008年(平成20) 本社・工場をさいたま市北区吉野町2-282-3へ移転
本紙「新題字」を導入、紙面も12段組、地域面経済面を中心に刷新
 2010年(平成22) 資本金4億円に増資
 2014年(平成26) 創刊70周年を機にキャラクター「サイのぶん太くん」誕生
創刊70周年で「ずっと埼玉もっと埼玉コンテスト」実施、記念式典で表彰
 2015年(平成27) 資本金8000万円に変更