2017年1月4日(水)

非行を体現「さいたまんぼう」 越谷署の悪者キャラ、非行防止に活躍

さいたまんぼう
「さいたまんぼう」を生み出した越谷署の伊藤裕希巡査(右)と、入江美和子補導員=越谷署

 ビール片手にたばこを吹かし、口のピアスにとがったサングラス―。見るからに不良のキャラクター「さいたまんぼう」が昨年7月から、越谷署の非行防止教室でひそかに活躍している。飲酒や喫煙など、やってはいけない五つの非行行為を体現。「ストップ!さいたまんぼう」を合言葉に、反面教師として青少年健全育成に貢献している。生みの親の同署の伊藤裕希巡査(30)と、非常勤職員の入江美和子補導員(45)は「ポッポくん、ポポ美ちゃんと並ぶ県警公認キャラクターを目指したい」と意気込んでいる。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored