2017年1月11日(水)

天井板が落下、埼玉スタジアム線の川口元郷駅 浦和美園駅も緊急点検

 埼玉高速鉄道(SR)は11日、川口市元郷の埼玉スタジアム線「川口元郷駅」構内で、天井板1枚が落下したと発表した。けが人はいなかった。

 同社によると、同日午前7時50分ごろ、同駅構内の改札外通路で、アルミ製の天井板1枚(60センチ×74センチ、重さ約900グラム)が天井(高さ3メートル)から落下した。駅係員が落下音で気付いた。天井板は工事や点検時に取り外せる着脱式。10日に店舗新設に伴う電源供給工事のため、天井板を外して天井裏にケーブルを敷設する作業を行った。作業後の取り付けが完全ではなかっため、落下したとみられるという。

 同社は脱着式の天井板を採用する同駅と浦和美園駅で緊急点検を行い、「社員と関係者への指導を徹底する」としている。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored