2017年2月17日(金)

重大事故前に前兆…高齢者の運転 出合い頭事故、85歳以上は45%

 65歳以上の高齢ドライバーは65歳未満に比べて出合い頭の事故を起こす割合が高いことが、県警が実施した2016年の人身交通事故の分析結果で分かった。85歳以上は45%に上る。身体機能の低下により視野が狭まり、左右の確認がうまくできないことが要因とみられる。また重傷以上の事故を起こした75歳以上の18・7%が、過去1年以内に車をこするなどの物損事故を含め事故歴があることも判明。65歳未満の約1・5倍に相当し、県警は重大事故を起こす高齢運転者には「前兆」があるとみている。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored