2017年4月21日(金)

新都心ビル商業ゾーン5月17日オープン 埼玉初の飲食店など14店

5月17日に先行オープンする商業ゾーンの内観イメージ(提供)

 JR東日本大宮支社は20日、JRさいたま新都心駅に隣接する20階建て複合ビル「JRさいたま新都心ビル」(6月13日グランドオープン)の2〜4階商業ゾーンが、5月17日に先行オープンすると発表した。

 さいたま新都心周辺のにぎわいを創出していく新たな拠点として、飲食店やカフェ、コンビニエンスストアなど14店舗が出店する。

 店の種類に合わせて、各階ごとにテーマを設定。4階の「カジュアルダイニング」では、埼玉県初出店となる焼鳥BALの「SAKE&YAKITORI 鳥光國」など5店舗が営業する。

 3階の「プチ贅沢ダイニング」では、地元店舗としてスペイン料理の「メルカド デル プエルト」と寿司の「すし風凛」のほか、埼玉初出店の北海道イタリアンバル「ミア ボッカ」など、計5店舗が出店。

 2階の「コンビニエンス&カフェ」では、コンビニの「ローソン」やカフェ&バー「PRONTO」、くつ修理や合鍵作製を行うリペアサービスの「ミスターミニット」などが入る予定だ。

 店舗面積は約2500平方メートル、営業時間は2階が午前7時〜午後11時、3・4階が午前11時〜午後11時。14店舗合計の年間売り上げは17億円を見込む。

 同ビルは1階が保育園、2〜4階が商業ゾーンで、5〜10階はホテル、11〜18階はオフィスフロア、19〜20階がブライダル施設。

 6月13日開業予定の「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」では、こだわりのコーヒーやシェフ特製の料理を提供するホテル直営の「カフェ クロスヤード」も開業日にオープンする。

 JRさいたま新都心ビルと周辺の土地は、かつては3大操車場の一つ大宮操車場の一角だった。

 大宮支社は「以前は各地の貨物が集まり、交差し、送り出す拠点として機能を果たしていた。当ビルではこの機能を継承し、訪れた多くの利用客に対して、さまざまなシーンを質の高い日常へと切り替え、送り出していく新たな拠点を目指す」としている。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored