2017年5月16日(火)

うそでしょ…ネット戦略奏功で新人当選 松伏町長選、優位の現職破る

当選が決まり、支持者と万歳して喜ぶ鈴木勝氏(中央)=14日午後10時ごろ、松伏町松伏の選挙事務所

 任期満了に伴う松伏町長選は14日投開票が行われ、新人で社会福祉法人理事長の鈴木勝氏(62)が、現職の会田重雄氏(72)=自民推薦=を破り、初当選を果たした。投票率は過去最低の36・01%で、組織力のある現職優位とみられたが、新人の票が上回った。

 勝利から一夜明け、鈴木氏は15日、報道陣に「町民とともによい町を作っていきたいという希望に燃えている。新しいことをやってくれるのではないかという期待が票につながった」と選挙戦を振り返った。

 有効投票総数8844票のうち、現職との差はわずか382票。組織力で選挙戦を展開した現職に対し、鈴木陣営は草の根の運動を進め、接戦を制した。「新しい風」をシンボルに、現職への不満、無党派層、子育て世代の支持を取り込むことに成功した。

 選挙戦の勝因を問われた鈴木氏は「この町を変えたいというエネルギーに、若い人のSNSやツイッターの戦略が絡み合った」と答えた。選挙戦序盤から、長女で保育園副園長の藍子さん(38)がインターネットを駆使し、メッセージを発信。藍子さんは「お母さんたちのつながりが広がっている」と手応えを口にした。

 会田氏は自ら敷いた多選自粛条例を廃して町長選に臨んだ。鈴木陣営は「12年間何も変わっていない、という町民の反応は根強い」(陣営幹部)とみて、選挙戦を通じこの点を敢えて攻めなかった。予測通り、攻めずとも現職への批判票が鈴木氏に流れ込んだ。

 会田氏陣営は、自民党が推薦し、公明党が支持に回った。町議の多くも会田陣営に回った。2度の無投票を経て12年ぶりの町長選に、近隣自治体の首長からは「厳しい選挙になる」とげきが飛び、組織にあった気の緩みを取り除いて、安定した選挙戦を展開していたかに見えた。

 ところが、選挙戦最終日、打ち上げのあいさつで会田氏に笑顔はなかった。厳しい表情で「想像以上に演説に人が集まらない」といら立ちをあらわにした。組織の力が十分に発揮されていない、と会田氏は残ったわずかな時間、雨中、最後の訴えに飛び出した。

 14日夜、投票が締め切られると、12年前の町長選より投票率は10ポイントも下がったことが判明。浮動票の上乗せが少ないため、組織力の強い現職が当選濃厚との雰囲気が漂った。しかし、投票箱を開けてみると鈴木氏の名が記された票の束が積み重なった。

 「うそでしょ」「間違いじゃない?」。敗報を受け、会田陣営はどよめいた。神妙な顔つきで現れ、マイクを手にした会田氏は支援者に「力及ばず、申し訳ございません」と言葉少なだった。埼玉新聞の取材にも「(敗因は)全く分からない」と答えるのが精いっぱいだった。

 政党や町議の支持を固め、磐石の布陣で臨んだ会田氏。選挙戦も多選自粛条例を廃した点が争点になることもなく、低投票率も優位に働くはずだった。しかし、70歳を過ぎて4選を目指す姿勢に、不満は予想以上に大きかった。無投票当選が2回続き、しばらく選挙と縁がなかったことも票の取り込みの不徹底につながったのかもしれない。

 一方、町議だった鈴木氏は選挙戦を何度も経験しており、町政に変化を求める住民の意識を草の根で掘り起こすことに成功した。子育て支援を公約の中心に据え、子育て世代にアピールしたことも奏功した。

購読申し込み 携帯サイト