2017年5月19日(金)

東武アーバンパークラインで事故 踏切入り男性公務員死亡/さいたま

 19日午前8時10分ごろ、さいたま市岩槻区本丸2丁目の東武アーバンパークライン踏切で、越谷市の公務員男性(44)が春日部発大宮行き普通列車に、はねられ死亡した。

 岩槻署によると、現場は岩槻―東岩槻間の踏切。列車が現場に差し掛かろうとしたところ、下りていた遮断機をまたいで男性が線路内に入ったという。乗員乗客にけがはなかった。同線は約55分間にわたって運転を見合わせ、上下20本の列車が運休、乗客約1万人に影響が出た。同署で自殺と事故の両面で調べている。

購読申し込み 携帯サイト