2017年5月19日(金)

「共謀罪」強行採決…県民から疑念の声 監視に不安、議論は尽くして

 監視社会が訪れるとの不安は払拭(ふっしょく)されないままだった。与党は19日、野党の激しい反発を押し切り、衆院法務委員会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の可決を強行した。安全保障関連法に続く安倍政権の強硬姿勢に、怒号が飛び交う委員室。テロ対策か、内心の自由の侵害か。国会周辺では市民が抗議を続けた。「恣意的な運用が怖い」「議論は尽くされたのか」。県民からも疑念の声が上がった。

購読申し込み 携帯サイト