2017年9月12日(火)

中3女子が死亡、車にはねられる 信号機ある交差点、自転車で渡る際に衝突…塾の帰り/上尾

 11日午後10時5分ごろ、上尾市上の県道交差点で、自転車で帰宅途中の同所、中学3年の武田胡桃さん(14)が乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。武田さんは塾帰りで、上尾市と県は12日、交通事故に注意するよう求める文章を小中学校の校長らに通知した。

 上尾署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車の桶川市下日出谷西2丁目、自称自営業金子豊容疑者(37)を現行犯逮捕、容疑を過失致死に切り替えて事故原因を調べている。

 同署によると、現場は押しボタンのある信号機付き交差点で、見通しは比較的いいという。乗用車が右方向から交差点を渡ろうとしていた自転車と衝突した。金子容疑者は容疑を認めているという。

 今回の事故を受けて、12日の上尾市議会一般質問で、今泉達也学校教育部長が事故の説明を行った。また、同市教委は市内の小中学校と保護者に対し、自転車の夜間のライト点灯、一時停止、左右確認、ヘルメット着用など交通ルールのさらなる徹底を求める文章を校長宛てに通知した。

 県教委も12日、児童生徒と保護者に対し、自転車に乗る際の注意を喚起する文章を、県内の市町村教委と県立学校長宛てに通知した。

 県保健体育課によると、通知には、一時停止や安全確認、ヘルメットの着用など交通ルールの徹底を求める県警の資料を添付。同課は「悲しい事故から一人でも多く救いたい」と、改めてルールを守るよう呼び掛けている。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored