2017年9月13日(水)

浦和、全てを懸け奇跡を 13日ACL準々決勝で川崎とホームで激突「何が起こるか分からない」

ランニングする槙野(中央)ら浦和の選手たち=12日午後、大原サッカー場

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝は13日、埼玉スタジアムでホームアンドアウェー方式の第2戦が行われ、浦和は川崎と激突する(19時30分)。

 8月23日の第1戦はアウェーゴールを奪ったものの1―3で完敗した。9年ぶり3度目の準決勝に駒を進めるためには、2―0もしくは、3点差以上の勝利が必須。3―1で90分を終えた場合は前後半15分ずつの延長戦、決まらなければPK戦に突入する。前述の条件以外なら敗退となる。

 大一番を翌日に控えた12日、試合会場で会見に臨んだ堀監督は逆転突破へ「自分たちにとって簡単なものではないが、うちのチームは、はね返すだけの力は持っている」と自信を示した。1回戦の済州戦の勝利を引き合いに出し「サッカーは何が起こるか分からない。100パーセントの集中力と厳しい状況を乗り越えるというメンタリティーを持って、全員で次に進みたい」と続けた。

 同席した遠藤も「自分たちがずっとやってきた攻撃的なサッカーを存分に発揮したい。堀(監督)さんになってからチームとしての戦い方が整理されてきたので、前回とは違った試合を見せられる。必ず2点取って勝ちたい」と全てを懸けて、奇跡を再現する決意だ。

 その後、チームは大原サッカー場で最終調整を実施。報道陣には冒頭15分のみ公開され、ランニング、ボール回し、パス回しなどで汗を流した。宇賀神、那須のほか、榎本は左脚痛、李はコンディション調整で別メニューだった。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored