2017年9月13日(水)

息子さんが血を吐いた…病院装う電話、次に息子装い「診察中に財布盗まれた」 信じた女性が詐欺被害/熊谷

 熊谷署は12日、熊谷市の無職女性(77)が手渡し詐欺で現金100万円をだまし取られたと発表した。
 
 同署によると、11日午前9時半ごろから女性方に病院職員をかたる男から「息子さんが血を吐いた。喉頭がんの疑いがある。本人に代わる」「喉頭がんの疑いがあると言われた。診察が終わって待合室に戻ったら財布、書類が入ったかばんが盗まれていた。治療費は上司から立て替えてもらった」「3日後に返すから100万円貸して」などと電話があった。信じた女性は同日午後2時5分ごろ、JR籠原駅付近の路上で、長男の上司の息子を名乗る男に現金100万円を手渡した。その後、長男から電話があり、詐欺と分かった。

 現金を受け取りに来た男は30歳ぐらいで、身長約165センチ、体格は中肉、黒色の短髪。黒色の半そでTシャツとカーキ色の長ズボンを着用していた。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored