2016年11月2日(水)

<高校野球>徳栄・高橋昂、指名あいさつ受け決意「1年目から1軍」

カープの赤い帽子をかぶせてもらった高橋昂也投手(中央)。左は苑田聡彦氏、右は尾形佳紀氏=加須市の花咲徳栄高校

 加須市の花咲徳栄高校に1日、広島の苑田聡彦スカウト統括部長と同部の尾形佳紀氏が訪れ、ドラフト2位指名した同校の左腕、高橋昂也投手(3年)に指名あいさつした。高橋はカープの赤い帽子をかぶせてもらうと、喜びの表情を見せた。

 午後3時、同校では高橋、田中一夫校長、岩井隆監督が苑田部長らを出迎えた。苑田部長は「広島が花咲徳栄高校からスカウトしたのは高橋投手で3人目になる。3人とも投手。いい先輩たちがいるのだから、いろいろ学んでください」と話した。

 緊張した様子の高橋も、苑田部長からカープの帽子をかぶせてもらうと、表情が和らいだ。高橋は「プロ野球に入る実感が湧いてきた。いまは強い広島でできる喜びでいっぱい。1年目から1軍でチームの力になれるように頑張りたい」と決意表明した。

 苑田部長は「高橋はストレートもいいけど、スライダー、フォークのコントロールが素晴らしい。先発完投できるタイプの投手になってほしい」と期待を込めていた。

購読申し込み 携帯サイト

購読の申し込み
埼玉新聞携帯ニュースサイト