2016年12月7日(水)

<高校野球>徳栄・高橋昂也、久喜市長に決意「活躍で恩返ししたい」

市長直筆の色紙を受け取った高橋昂也(左)と田中暄二市長=7日、久喜市役所

 プロ野球ドラフト会議で、広島から2位指名され、入団が決まった花咲徳栄高校(加須市)の高橋昂也が7日、地元久喜市の田中暄二市長を表敬訪問した。

 今年、プロ野球のセ・リーグ優勝を果たした広島に入団することを田中市長に報告した高橋は「(広島入団を)光栄に思う。今まで支えてくれた人たちに活躍することで恩返しをしたい」と決意を語った。

 高橋が背番号34に決まったことを報告すると、田中市長は「400勝している(元プロ野球選手の)金田(正一)選手と一緒の背番号。高橋選手は子どもたちにとって憧れの存在。活躍できるよう頑張って」とエールを送った。

 高橋から田中市長に甲子園出場のDVD、田中市長から高橋に「一球入魂」と書いた市長直筆の色紙が手渡された。

購読申し込み 携帯サイト