2017年7月19日(水)

<埼玉大会>自分の夢断念…仲間の夢追う 大宮東で球児が下した決断

試合中、大きな声でチームメイトに声を掛ける大宮東の主務、岩城凱士さん=18日、市営大宮球場

 昨秋までレギュラー争いをしていた選手が、チームのために自らの夢を断念した。チームを統括するマネジャー「主務」となった大宮東の岩城凱士(かつし)さん。「自分を犠牲にしてでも、甲子園のために仲間を支える」と語る。チームメイトはこの思いを胸に、一丸となって聖地を目指す。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored