2017年7月19日(水)

<埼玉大会>朝霞、シード西武台に勝利 6年ぶり16強、力の根幹は

西武台―朝霞 6回裏朝霞2死一塁、黒沢が左中間に決勝2ランを放つ。捕手佐野=市営大宮

 朝霞は3―3の六回に黒沢の2ランで勝ち越し、六回途中から登板した氏家が守り抜いた。西武台は八回の好機を生かし切れなかった。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored