2017年8月22日(火)

<甲子園>花咲徳栄エース清水が力投、打線も光り初の決勝へ 埼玉県民の“夢”初優勝へ広陵と23日対戦

花咲徳栄―東海大菅生 11回表花咲徳栄2死二、三塁、高井(中央手前)が決勝の右越え二塁打を放ち花咲徳栄ベンチが歓喜に沸く=22日、兵庫県西宮市の甲子園球場

 第99回全国高校野球選手権大会第13日は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準決勝2試合を行い、埼玉代表の花咲徳栄は東海大菅生(西東京)に延長十一回の末、9―6で競り勝ち、初の決勝へ進んだ。県勢の決勝進出は第75回大会で準優勝した春日部共栄以来、24年ぶり3度目の快挙。花咲徳栄は23日、県勢初の優勝を懸けて広陵(広島)と対戦する(14時開始予定)。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored