2017年1月19日(木)

電通社長に山本常務 過労自殺で体制刷新

電通の社長に就任する山本敏博常務執行役員

 広告最大手の電通は19日、経営体制の刷新を協議する臨時取締役会を開き、新入社員高橋まつりさん=当時(24)=の過労自殺問題で石井直社長(65)が正式に引責辞任し、後任に山本敏博常務執行役員(58)を充てる人事を決めた。

 経営の安定感を重視し、現取締役の中本祥一副社長(66)と高田佳夫専務(61)がともに代表権を持つことも決めた。山本氏ら3人は23日付で新たな役職に就き、一連の不祥事で失墜した信頼の回復を急ぐ。

 山本氏は、最優先課題を「労働環境の改革」と指摘した上で「社員と共に改善施策を着実に遂行する」とのコメントを発表した。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト