2017年12月12日(火)

増元信子さんが死去 拉致被害者るみ子さんの母

増元信子さん

 北朝鮮に拉致された増元るみ子さんの母増元信子(ますもと・のぶこ)さんが12日午前6時5分、心不全のため鹿児島県内の病院で死去した。90歳。鹿児島県出身。14日、鹿児島県姶良市で葬儀・告別式を開くが時間、場所は不明。喪主は長男信一(しんいち)氏。

 次女るみ子さんは、24歳だった1978年、当時23歳の市川修一さんとともに、鹿児島県吹上町(現日置市)の海岸で行方不明になった。

 北朝鮮は2002年9月、るみ子さんの拉致を認めたが、81年に心臓病で死亡したと説明。その後も長女の平野フミ子さんら親族と共に、生存を信じて日本政府に事実解明と救出を求め続けた。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト