2017年5月23日(火)

運転手のけいれん発作が原因 バスのアパート突入事故

道路脇のアパートに突っ込んだ路線バス=2016年1月7日、東京都小金井市(事業用自動車事故調査報告書より)

 東京都小金井市で昨年1月、回送中だった京王バスの路線バスが道路脇のアパートに突っ込んだ事故について、事業用自動車事故調査委員会は23日、男性運転手(51)が意識を失ってけいれん発作を起こし、アクセルペダルを踏み込んだことが原因とする調査報告書を公表した。

 運転手は事故後、急性で反復性のない「機会発作」と診断を受けたが、直接の原因は不明。これ以前に発作を起こしたことはなく、健康診断でも運転に影響するような問題はなかった。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト